書籍の詳細
タイトル 忍びの国
ジャンル 歴史もの
作者 和田 竜
出版社 新潮新書
価格 637円
発売日 2011/03/01
ISBN 9784101349770
戻る
自分のレビューを書く
忍びの国
平均点 3.0点

ユーザーレビューをすべて見る


Seli Ogawa
日時 2014/05/20
評価
タイトル 伊賀忍者が主人公
コメント 「のぼうの城」ですっかり和田竜にはまってしまったので、続けて本作品も読んでみました。

本のタイトル通り、主人公は伊賀国の忍者達です。対するは織田信長の息子 織田信雄に仕える侍たち。
織田家に仕える侍たちは、和田竜が好んで描く豪放磊落で剛毅な男たちで、オープニングはまず良し。
しかし、主役が忍びであるため、ストーリーは次第に粘度を増していきます。期待したような活劇風エンターテイメトではありませんでした。

日本人作家が書く作品は今も昔も粘着質なものが多いなかで、からっとした作品を書ける数少ない作家だと思っていたのですが、この作品ではそうした長所が生かされていないように思います。ちょっと期待外れの感があるので★三つです。

ユーザーレビューをすべて見る

新着作品

もっと見る

のべぷろのつぶやき
このページのトップへ